出産はキャリアにプラスになる

働く女性が活躍するためには、キャリアを積み上げていくことが必要です。しかし、女性には男性にない休業理由があります。それは、出産による休業です。一般的に、出産による休業は現場で働くことができず仕事から離れてしまうため、キャリア形成には不利だと言われることが多くあります。しかし、考え方を変えるとプラスになる可能性もあるのです。具体的には、子育てをすることにより、会社の中で働いていた時には気付かなかった子育てに関する社会の制度や問題点を知ることができるということでしょう。そして、子育てをする女性の視点から世の中を見ることによって、ビジネスに活かせる製品やサービスのアイデアを掴むことができるかもしれません。また、出産を経験し子どもが成長する姿を見ることによって、人間的な強さや優しさに磨きがかかることも期待できます。近年では、育児休業や時間短縮労働など、産後の社会復帰を応援する制度を整えている会社も増えてきました。また、女性の登用に積極的になっているケースも増加しているようです。そういった環境面から考えても、子どもを産んで育てるという経験が、自分のキャリア形成に大いにプラスになる可能性は高いと言えます。短絡的に、子どもを産むために会社の仕事を中断することが不利になると考えてはいけません。子供を産むことや子育てを精いっぱい体験することに集中すれば、社会復帰した後で新たな活躍の可能性が開けてくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15