女性がキャリアを描く上でのポイント

女性がキャリアを考える上で、避けて通れないのが出産です。日本の社会はまだ男性優位な環境であり、女性の子育てを考慮した職場が少ないのが現状です。そんな中、子育てをしながらも働いていきたいと思うのであれば、子育ての労力を含んだ上でのキャリアの描き方をする必要があります。キャリアの描き方に王道はありませんが、ひとつ言えることがあります。キャリアは先に描くものではなく、道を進みながら修正していくものです。自分にどんな仕事が合っているのか、そして理想の着地点はどこなのかというのは、経験の中で見出すものです。キャリアとは理想とする自分の未来の姿です。多くの人がそこに至る道をどう描くかを重視しがちですが、そもそも最初に決めたその理想像が正しいものかどうかはすぐには分かりません。ではどのようにすれば理想像を見つけ出すことができるのでしょうか。それは現在取り組んでいる仕事の延長にあります。今携わっている仕事が自分に合うものかどうかはすぐには分からないものです。ではいつになればその先が見えるかというと、それは仕事への取り組み具合次第と言えます。真剣に仕事に取り組むことで、色んなものが見えるようになってきます。また、子育ては自身でやってみなければわかりません。出産をしてみて、自分の中で何を最優先した生き方をすべきかを考えることができれば、どんな形でキャリアを積むのが理想的であるかが見えてくるでしょう。理想的なキャリアを積むために何をすべきかのビジョンは、普段の仕事だけではなく、自身のプライベートの在り方でも変わってきます。必死に仕事に取り組み、日々の生活を丁寧に送ることで、本当に自分が目指すべきものも見えるようになるわけです。それに伴ってその道を進むために必要なスキルも分かってきます。それを習得するための道がキャリアプランというわけです。自分が進むべき道を探すためには、まず現在取り組んでいる仕事、そしてプライベートに全力を傾けることが必要であると言えます。

WordPress theme: Kippis 1.15