何でも上手に活用する

現代の日本は、女性の初産年齢がますます上がってきています。仕事を覚えて楽しくなってきている20代や30代の女性で、出産とキャリアのどちらかを選ばなければいけないという難しい選択を迫られている人も多いようです。確かに、これらの年代は仕事の基礎を築いたり人脈を広げるという意味でも、大変に貴重な時間といえます。しかし、出産は女性にしかできないものであり、子育てや家事も現在でも主に女性が担うことが多いため、産後の社会復帰が難しいと感じている女性が多いのも事実です。父親が外で働き母親は専業主婦という家庭で育ったため、子育てや家事をしっかりこなしつつ、仕事もばりばりこなすという意識をもった「優等生」タイプの女性がいます。そのような女性は特に、どちらも完璧にできないならと二者択一の選択をしてしまう傾向が高いようです。しかし今は、出産で多少のブランクがあっても、今まで積み上げてきたキャリアがある女性の社会復帰を、もっと見直そうという機運が高まっています。人口が減少を続け、団塊の世代も退職年齢に入ったというのも、その要因の一つです。法律でも、産休や育休はしっかり定められています。子どもが小さい間は、時短勤務などを推奨して社会復帰を促す会社も多いです。何もかもを完璧にこなすのは無理なので、たとえば働いて得た収入で週末だけ家事を外注してみるなど、上手にアウトソーシングを活用することもおすすめいいかもしれません。もう何もできないとあきらめてしまうのは、非常にもったいないことです。まず一歩を踏み出す勇気を持ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15